日本人大好き「台湾」で働くための諸情報とエージェント

台湾で主に使われている言語は中国語ですから、台湾での就職や転職をするにあたっては、中国語を使いこなすことができれば非常に有利に働くと言えるでしょう。

台湾人の中には英語が出来る方もいれば、日本語が上手な人もいますから、働き先企業や同僚などによってどの言語でコミュニケーションを取ったら良いのかは違ってくるかと思います。

台湾の企業に現地採用として働くのであれば、多くの場合にはビジネスレベル以上の高い中国語のスキルが求められることがほとんどでしょう。

まず台湾での就職を考えるのであれば、中国語はまったく何も分からない状態よりも、ある程度は勉強した上で考えていくことをオススメいたします。

周りの同僚がすべて台湾人だったりして、気を使って英語や日本語で話しかけてくれるかも知れませんが、自分が中国語を使ってコミュニケーションをとった方がすぐに打ち解けられて良い関係を築いていくことができるはずです。

また、その企業で任される業務内容によっては特に中国語が上手ではなくても大丈夫なものもあります。

たとえば、台湾にある日系企業だけをターゲットにした営業職であったり、現地在住の日本人のみを相手にしたサービス業などでしたら、いちばん大切な言語は日本語になりますから、語学力よりも日本での経歴、さらには商品知識などが求められることになるでしょう。

さらに、現地の駐在員のご家族を相手にするような、飲食業や美容師・理容師、お子さまの学習塾の講師、といったような仕事も日本語だけで大丈夫ですが、それぞれの専門的なスキルが必要となります。

またエージェントは何処を使ったら良いかは下記サイトを参考にすると良いでしょう。