中国の海南島でのインターネット事情について

私は現在30代の男性です。今から2年ほど前に、中国語の勉強のためにこちらに留学しに来ました。中国と一口に言っても、とても広いのですが、今日は私が

住んでいる海南島でもインターネット事情について記したいと思います。

海南島とは、中国の南端にある島です。私はそこの省都である海口市に住んでいます。人口は200万人と多いように思われますが、中国の中では田舎の地方都市というイメージのようです。私は、こちらにきて新たにインターネットの回線の申込をしました。

会社は中国電信です。中国には何社かがネット回線を提供しているのですが、海南島でいちばん信頼されているのが中国電信です。日本では今はどんどんADSLから光回線へ切り替わっていますが、中国では未だに主流はADSLです。私が入っているコースは1年契約のADSLで960元(16000円ほど)です。それに回線を設置する費用として別途300元(5000円ほど)がかかります。

ネットの速度はそれほど遅くありません。とはいえ、Youtubeやツイッターなど日本では自由に見れるサイトへは接続できません。もし、接続したいならVPNを利用して、接続できるサービスを提要している会社がありますので、ネットで検索してみることをお勧めします。